2019年7月24日水曜日

イラストノートNo.51




本日発売のイラストノート。コロコロコミック編集部に密着です!

息子が小学生の頃は部屋中の本棚に(しかも2重に)コロコロコミックが詰まってました。



コロコロといえばドラえもんということで 思い出したことが。


はるか昔 私が高校生だった頃 美術部と漫画研究部をかけもちしていたんですが

漫研の企画で 大胆にも 藤子不二雄先生にインタビューしようということになりました。


藤子不二雄先生というのは ご存知の通り 藤本先生と我孫子先生のお二人でのペンネーム。

お二人の先生にお電話したのですが 藤本先生はお留守だったこともあり

その時は安孫子先生とお会いできることになりました。


今思うと怖いもの知らずです。



当日奥様にお宅の2階に通されてメロンジュースをいただきました。

少しして階段をあがってこられた安孫子先生。

とてもお優しくて いろんなお話をしてくださいました。


映画の『少年時代』の作曲を井上陽水さんにお願いしていたことや

自分自身が締め切りに追われる辛さをわかっているので

一切仕上がりの催促はなさらなかったというような 。


『少年時代』は 今でも残る素敵な歌ですね。



子供の頃 先生が藤本先生とお二人で

手塚治虫先生の家に漫画を見てもらいにいったこと。


同じように 今度は自分たちに見せにきた小学生がいたこと。

その小学生をお家に帰すために駅のホームまで送ったときに

その子が逃げ回ってたいへんだったことなどなど。



もう30年近くも前になるので・・覚えてらっしゃらないかもしれませんが

漫研のメンバーの一人の男の子が 制服の白いワイシャツの背中に

油性マジックで怪物くんを描いて欲しいとお願いして

「描いちゃっていいの?」と心配されながら 快く描いてくださったことは

もしかしたら覚えてらっしゃるかもしれません。



今日発売のコロコロコミック編集部に潜入特集の『イラストノートNo.51』

イラストレーター26人の仕事に掲載していただいています。


コロコロに興味のある方は是非 お手にとってみてください♪




***  ***  ***  ***  ***  ***  ***  ***  ***  ***



LINEスタンプ『マトりん』








0 件のコメント:

コメントを投稿